楽天NO.1営業マンがペパボの採用担当になって意識したこと【後編】

JUGEMテーマ:日記・一般

 

皆様、こんにちは。

GMOペパボの西谷でございます。


前回の第一弾のブログが有り難いことに大きな反響を頂きました。

 

  • ブログのタイトルが入っていない
  • Ambitiousのスペルが違う
  • 途中でフォントが変わっている
  • 改行がおかしい

などほぼ本文の内容とは別の次元で反響頂きました。


日々改善していきたいと思います。ご指摘頂いた皆様、有難うございました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

さて、前回はずっと営業をやっていた男が急に採用担当になり、行ったことの前編をお送りしましたが、今回は後編でございます。


先人に聞いたり習って行動してみたものの正直簡単ではなかったです。

苦悩の中、行動していたことをさらに書き記したいと思います。

 



彼を知り己を知れば百戦殆うからず


意外と自分の会社の採用状況って知らなかったんだなと思いました。

そこで改めてペパボの状況を調べてみることを行いました。

 

  • 月間どのくらいの応募数があるの?
  • どのくらい面接が行われているの?
  • 書類通過率は?
  • 結局内定出るまでの内定率は?

などなど。


そのためまずそこら辺の数字を自分で把握しようと調べ、「へぇ〜そうだったんだ」というのが分かってからは多くの社内の人に知ってもらいたいと思い、伝えていくことを意識しました。


私同様、そこまで細かい情報を知っている方はほとんどいなかったので、数字好きな社内の方には喜ばれました。

チームの方向性を定めて掲げる足元が分かった後は、どういうチームにするか、どのようなビジョンを持ちどこに進むかを定めます。


新しく出来た私のチームは社長直属のチームだったので、上長が社長という環境だったために、そこは非常に分かりやすかったです。


ビジョンもありきたりなものでは面白くないと思い、大きくぶち上げました。これには社長も苦笑いでしたが。

やるからには1番目指そうというメッセージです。

 

 


 

KPIを設定する


結構色々なセミナーに参加もしましたが、似たような業種、業界の各社さんはKPIを設定していないという会社もありました。


厳密にいうと一度KPIを設定して、これじゃないとなって結果KPI設定を排除したということでした。
確かにそれも分かるという感じでしたが、私は元々営業マンで、前職では1日のうち3時間置きに営業進捗を報告するという環境だったので、1日で追う数字が明確の方がやりやすいと思いました。


ということで

  • 採用人数
  • 採用通過率

をKPIとして設定しました。結果これが自分の首を絞めることになるのですが、またそれは別の機会に。

 



採用コンサルタントの資格勉強をする

 


とにかく勉強しないと思い、資格を取るために勉強することが一番モチベーションが続くと思い、受講費の95,000円を自腹で払い採用コンサルタントの資格勉強を始めました。


個人的にはこの資格自体はやってみておすすめはしませんが、1か月で1冊のテキストを勉強し、その都度テストを行い、合格すれば次のステップに進めます。


これを3回続けて最終試験となります。
今は最終試験の結果待ちです。早く合格して偉そうに採用コンサルタントと名乗りたいです。

ちなみに試験はこんな問題出ます。

 

[第1問] 労働力人口に関する次の記述のなかで正しいものを1つ選びなさい *
A.15歳以上の人で、定年退職者を除いた全人口である
B.15歳以上の人で、非労働力人口を含めた全人口である
C.15歳以上の人で、就業者と完全失業者を加えた全人口である
D.15歳以上から64歳未満の全人口である


次回はちょっとテーマを変えた内容を書き記したいと思います。

そしてこんな愉快な仲間や私と一緒に働いてくれる仲間も募集してます!以下よりどうぞ!

 

キャリア採用 / アルバイト採用 | 採用情報 | GMOペパボ株式会社

https://pepabo.com/recruit/career/#jobs

 

 

コメント