信じる者は救われる!雑誌の裏にある怪しげな商品を買った24歳の青年のお話!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

先日のブログで私の高校球児時代の話を書いた「西谷通信」をお届けしました。


少し「西谷通信」の知名度が上がって嬉しいです。


今回は24歳の時のお話です。
皆様も一度は見たことがあると思います。


雑誌の最終ページ付近にあるそんな格好良くもない男がお金の風呂に入り美女2名を横にはべらせている広告を。

 


 

今でこそ「○○してみた!」という内容のものが多いですが、私は10年からそのようなチャレンジをしていました。

24歳の若者が広告に踊らされる模様をご覧下さい。


──────────────────────────────


最近毎日執筆しないと怒られる「ニシツー」です。
今日は皆様にまずお礼を言わせてください!!


何とか1月の営業目標数字を達成することができました!!


これも皆様にのおかげでございます。


2月もより一層頑張ります。
本当に有難うございます。


さて、本日は上記に紐付きますが、「願いは叶う」ということで、皆様も一度は目にしたことがあると思います。


大体雑誌の後ろに載っている「これのおかげでお金持ちになれました、女性にモテました」という胡散臭い広告です。


お金のお風呂に入っている絵や、気持ち悪いおじさんが女性とイチャイチャしている絵。怪しすぎます。


金額は1万5000円(当時)。ネックレスです。高いですね。

 

誰が買うんだろうと思ったことがあると思います。
むしろ見る度に毎回思っていました。
そうです、過去形です。


そして私は、「1万5000円で金持ちになれて、女性にモテるなら安い!」という発想に至り、その広告を見たその場で電話で注文することにしました。


楽天野球団のメンバーと昼飯を食べていた時だったので、みんな「本当に買うの!?」と大騒ぎでした。買いました。

 

電話口では優しい感じの口調のお姉さんオペレーターに注文を出します。

電話越しではクソ馬鹿にされているのでしょう。

 

そして届きました。
説明書がまた胡散臭い。


安っぽいペンダントの中に、石みたいなものがあり、体験談で「中の石が光った!」と書いてあり、その解説で「この人は願いが叶いました」と記載。面白すぎます。


その名も「ガリオンフラクタル

 


ただ毎日身につけているだけで、幸せになれるということで肌身離せず着け続けた結果、一気に噂が広がりました。


「ガリオン西谷」という一見ハーフっぽいあだ名まで頂くことができました。


ある日千葉ロッテマリーンズから「ビジター応援デー」という楽天イーグルスの本拠地にロッテファンを大量に集めるという企画の話がきました。


大きな企画、かつ失敗できない案件を上司は、「ここはガリオンだ」と自分に託しました。
嘘みたいな本当の話です。


結果、2万人が満員の球場で、3000人もロッテファンを外野席に集め、外野席はもちろん完売。
野球の試合で、アウェイのチームの外野席が完売することはパリーグにおいてかなり珍しい現象です。


ロッテの応援の激しさはプロ野球界においてかなり有名なくらいすごいんです。
間近でその時初めてみましたが、鳥肌がたちました。
ずっとここにいてこの応援を聞いていたいと思うほどの迫力。感動しました。


その大応援団のせいで楽天イーグルスが千葉ロッテに3連敗したのはもはや伝説となっています。

なぜか動員させた私が怒られました。あんな大応援団を呼ぶからだと。


興味を持たれた方は是非買ってみてください。
ちょっと幸せな気分になれますが、周りから白い目で見られます。

 

 

ちなみに現時点ではまだ札束のお風呂にも入っていませんし、綺麗な女性を両脇にはべらせてもいません。

 

そんな私の元に、後日1件の提案がきました。

 


ゴールドマネーカード(GOLD MONEY CARD)を買わないかと。楽天市場で売っています。

名前からして金が入りそうです。もちろん即購入です。

3000円くらいでしたね。大金持ちになれるなら安い買い物です。


なんせあの戦車も買えるというブラックカードを持っている方々がこのマネーカードの愛用者と言い切る自信。

 


この不思議なカードの秘密はカードの裏側にあるそうです。

裏側には、馬の絵が九匹書かれています。

 

 


馬が九匹

馬が九(く)

馬九(うまく)いく


こんなハイセンスでこられたら購入せざるを得ません。

今回は完敗です。


このご利益を信じて、ジャンボ宝くじを買いました。それも「3枚」も。

これは当たりますね、1枚の3倍もの確率ですから。


3億円当たったら確実に皆様に1万円贈呈いたします。


もちろんブラックカードをまだ持てていませんし、戦車も所有できていないです。
ただ7年経った今もなお、財布にはこの金色のカードは持っています。


見てみたいという方はいつでもお声掛けくださいませ。